キッチンは家相上、大事な場所のひとつです。
火や水を扱う他の居室とは異なる空間です。
火による熱気や匂い、ゴミの臭気、湿気の発生する場所となります。
また一家の健康にかかわる「食」を扱う場所なので清潔に保たれていることも重要です。

柴山壽子の家相コラム 2014年9月吉相のキッチンとは?

そのようなことから、家相ではガス台やIHコンロの火気、そして水気を扱う流し台の方位を厳しく限定しています。
それではどの方角が吉相になるのかご紹介しましょう。

理想は東方面か東南方面

東は朝の爽やかな日差しが一番最初に入る方位、明るいですが嫌な熱気はありません。
また太陽はすぐに東南へ動くため物が腐りにくいという利点があります。
東南も東と同様、快適な日差しを得られます。風の通りもよく暑くなりすぎず衛生的です。
この二つの方位が火気、水気ともに理想的な方位となります。

火気は南、戌(西北の西寄り)もOK

南は方位学上、「火」の位置となるため火気のみ、この方位にあっても問題ないとされています。
また戌の方位も差し支えありません。

水気は西北、寅(東北の東寄り)もOK

寅は東北、鬼門の方向ですが「寅」は水気のみ使用できます。
また西北も差し支えありません。

IHコンロは火気になるのか?

IHは火気ではないのでどの方位でも良いですか?という質問が多いのですが
残念ながら熱を発生させることには変わりありませんので通常の火気と同様に扱います。

柴山壽子の家相コラム 2014年9月吉相のキッチンとは?