2012年 7月のコラム

みなさんこんにちは、7月のコラムを担当させて頂きます大垣です。

前回2月のコラムに引き続き、今回も失敗しない家づくりの5ポイントの1つを紹介しましょう。
今回は施工業者の選び方についてのポイントをお伝えしましょう。

ポイント3:業者選びは慎重に。

施工業者を選ぶのに何を基準に選びますか?
ネームバリュー、価格・・・いろいろありますよね。
これから一生家のことを面倒見てもらうわけですから価格が安い、有名だからということだけで決めてしまうとのちのちメンテナンスなどの対応に困ることもあります。
遠距離だとなおさら。対応に時間がかかったりします。
そんな時、地元の工務店だと突然の水漏れや配管故障等があってもすぐに対応してもらえるからやはり安心できますよね。

チェック1:
修理・故障のなどのメンテナンスにすぐに対応できる業者ですか?
大なり小なり施工業者の社長の考え方で家づくりの方向性は変わります。
自分の一生ものの財産を決めるのに、社長と会って話さない手はないです。
そこで話してちょっと違うなと思えば他に変えるべきです。

チェック2:施工業者の選び方についてのポイント施工業者の社長と家づくりについて話したことありますか?
施工業者の現場も見せてもらいましょう。
特に施工中が良いですよ。専門的なところを見なくても良いですから。
道具や材料が散らかっていませんか。雑然としていると事故の元ですしね。
職人さんは元気に応対してくれましたか。
生き生きと職人さんが動いていると家にも気が満ちていきます。

チェック3:
施工現場の感じは良かったですか?
以上のように、ちょっと視点を変えてみてください。
施工業者の違う面が見えてきます。
家づくりはつくって終わりではなく、そこから先のほうが長いのです。
一生の関係になりますので、慎重に選んでいただきたいです。

ogakiyasuyuki.png