今月のコラム | 株式会社JIC

JIC_logo001.png
   株式会社ジェイアイシー お問い合わせは info@jic-co.jp

HOME > Column2013

2013年 9月のコラム
『ソファの選び方

2013年 8月のコラム
これからの家のあり方 ~家って何ですか?~

過去のコラムを見る>>

2013年 9月のコラム
『ソファの選び方


みなさんこんにちは。
9月のコラムを担当させていただく柴山です。
今月のコラムは『ソファの選び方』について。
実は先日ついにソファを買ったのですが、買うまでに2ヶ月もかかってしまいました。
何をそんなに悩んでいたのか・・・
実は私事ですが家を引っ越しまして部屋が小さくなった関係で、今まで使っていたソファが入らなくなってしまったのです。
それから『果たして本当にソファが必要なのだろうか』という根本的なことで数週間悩み、
買うと決めてから購入するまで2ヶ月弱かかってしまったのです。

ソファは部屋の主役にもなる大事な家具、
大きさ、デザイン、素材、価格・・・壊れない限りは買い換える家具ではないので、
実際に見て、触って、座って確かめてください。

 

ソファを選ぶ際のポイント

①大きさを決める


まずはここからスタートです。
お部屋のどこに配置するか、置く予定のスペースはどの位あるのか、実際に測って確かめましょう。
よく2人掛け、3人掛けなどという表示がありますがソファのタイプによっては同じ2人掛けでもサイズが異なります。
一般的な一人分のスペースは60cm前後なので小さいタイプであれば二人掛けで130cm~、大きいサイズだと180cm程度の物もあります。
また最近は1.5人掛けや2.5人掛けというサイズもあるのでお部屋のスペースを測って、ソファの寸法を確かめてください。

同じ2人掛けソファでもサイズが異なる  左のソファは幅130cm、右は幅170cm

②どのように使うのか検討する

ソファをどのように使うか、またどのように過ごしたいのか、生活スタイルをイメージしてみましょう。

ゆったり深く座るのが好きな方は、座面の奥行きが深く背もたれが高めのソファがよいでしょう。

寝転がるのが好きな方は肘掛の素材や形も大事ですし、ロータイプのソファやカウチタイプのソファもよいでしょう。


ソファの上であぐらをかく方は座面が広くゆったりしたソファを、
ソファを背もたれにして床に座る方は座面高さがある程度あるタイプがよいです。
このように使い方によってソファのデザインが変わります。

昔、デザインだけを重視してソファを購入したことがあるのですが
座面が浅く、背もたれも低くて長く座れずお飾り用になってしまった経験があります。
せっかく買ったからにはゆっくり座りたいですよね、ですからデザインだけでなく
自分がどのように座るかはとても重要なポイントです。

③座り心地を確認する

これもとても大事です。
実際に座って確かめなければわかりませんので是非ショップに足を運んでみて下さい。
長く座る場合はやわらかいものより、少し固めのしっかりした座面のほうが良いです。
またゆったり横になる場合はふんわりとやわらかなソファを選ぶと良いでしょう。

④素材、カラーを選ぶ

素材は本革、合皮、布の3種類です。
布は種類が多く綿、ウール、ポリエステルなどがあり素材で印象がまったくことなります。
それぞれに良し悪しがあるのでよく検討しましょう。
また色はインテリアに大きく影響します。
モノトーンで合わせたり、ソファに差し色をつかいインパクトを出したり、
クッションで遊びたい方はベーシックな色を選ぶと良いでしょう。

②のどのように使うかを検討した時点で、ソファのデザインは絞り込めると思いますが
素材やカラーでも雰囲気がずいぶん異なります。

アジアンテイストの場合はラタンやバンブーを使ったソファを選ぶと雰囲気が出ますし、

足や肘掛にウッドを使用していればナチュラルテイストに、

曲線ラインが強調されたソファやベルベット調の生地のソファは、エレガント、クラシック、アンティーク調のお部屋に合います。


ソファはお部屋の主役になる家具です。
長く使う家具なのでよいものを選んでください。

建築士:柴山和江