Gallery6 of 株式会社JIC

JIC_logo001.png
   株式会社ジェイアイシー お問い合わせは info@jic-co.jp

HOME > Gallery6

京都府 I邸

家族構成・・・父・娘夫婦
設計期間・・・5ヵ月
工法・・・在来軸組工法・3階建て

0901.jpg0903.jpg


京都にお住まいのI様は結婚を機に新築の決意をされました。築40年は建っている古い建物を壊して、同じ敷地に新しい家を建てる計画です。
古い家だったので更地になった後、測量から入り、隣地境界線を決め設計しはじめました。
京都ならではですが、一枚の壁を隣地の方と共有していたり、軒先が壁にくっついていたり、三方向を家に囲まれていたので解体作業も難航しましたが、入居日も決まっていたので急ピッチで進めました。

I様の大きな条件は

・明るい家にしたい
・駐車場を作りたい
・ガーデニングをしたい

上記の条件を基に、ご主人が出世するように、また子供に恵まれて明るい家庭が築けるような家相を取り入れました。
I様から入居後、ご報告をいただいております。
とにかく明るい家になった、お風呂場が快適になった、ガーデニングが楽しめている等など、お子様の誕生はまだのようですがご家族仲良く快適に過ごされています。

0907.jpg0906.jpg0905.jpg


 京都ならではの間口の狭い自宅です。土地の面積が12坪の狭小住宅です。
現場調査も兼ねて古い家に何度かお邪魔しましたが家の中は日中でも電気を付けないと真っ暗、2階に上がってやっと太陽の光を感じる家でした。

道路以外の3方が隣家と近接しているため、太陽光を取入れる天窓を設置し、階段室を介して3階の寝室や2階のリビングに光を導いています。また階段室を囲む壁には、光を通すために透明ガラスを使用した建具を設置しています。
敷地の奥にある2・3階のバルコニーは、1階の和室に光が入るように、メッシュ状の床としています。

一番の難所は車庫でした。間口が3m程度しかないためエコキュートの設置も大変だったのですが、出来る限り収納場所を設置し、狭いながらも住みやすい家ができあがりました。
ピロティ駐車場は家相では凶相になります。しかし周囲に駐車場もなく毎日の事を考えると車庫を作らざるを得ません。ここは柴山先生のお知恵を借り難を逃れました。

京都はさすがに条例も厳しいですね。
外壁や屋根の色、屋根の形状にもある程度の制限がありましたが、モダンで町に馴染むステキな外観になっています。